COLUMN COLLECTION | 連載コラム

射界 政治や経済、文化、歴史など、幅広い分野から現代社会に一石を投じる。様々な問題が生じる現代をどう生きるべきか、鋭い観点から示唆・提言します。

 世の中とは不自由なもの。自分がやりたいと思っても、それをそのまま他人に向かって強いることはできない。相手の立場を考えるからだ。だが広い世の中、自己中心的にしか考えない人もいる。自分の現実と他人の現実とは違うとは考えない。親しい間柄であっても、付き合いには適度の距離を置くのが世の常識というものだ。

2010年11月18日 14:35

つづきを読む

 仕事を選ぶとき、人は何を基準として選ぶだろうか。選んだ仕事を「天職」とか「この仕事で自己表現が果たせるか」など、そんな難しいことは恐らく考えていない。とりあえずは「職を得て収入を確保したい」と願うだけだろう。いい加減といえばいい加減だが、正直なところ、そんな人が多いのではなかろうか。

2010年11月11日 14:14

つづきを読む

 どんな立派な組織でも、時代が変化し時間が経過すれば、少しずつ劣化するのは避けられない。わが国最強の捜査機関として君臨してきた地検特捜部も、誰も気付かない間に劣化していた現実を、今回は思い知らされた気がする。劣化した要因について色々と指摘されるが、組織を常に活性化させる強力なリーダー不在に尽きる。

2010年11月 4日 12:53

つづきを読む

1