COLUMN COLLECTION | 連載コラム

射界 政治や経済、文化、歴史など、幅広い分野から現代社会に一石を投じる。様々な問題が生じる現代をどう生きるべきか、鋭い観点から示唆・提言します。

 「十人十色」と言う。一人として同じ人はいないことの表現だが、人の性格や性向は十色どころではない。各人各様、それぞれが独特のものを備えている。世間はよく血液型で性格や性向を決めがちだが、そんな限られた人だけで社会が成り立っているとしたら、とても息苦しくて生活できないのではなかろうか。

2011年1月31日 10:43

つづきを読む

 会社組織の一員としてビジネスに従事する人は、会社という「舞台」で演じる「俳優」と捉える企業経営者がいる。だから社員=俳優は常に観客=顧客の視線と評価を慮って行動しなければならないと、その経営者は説く。ちなみに自らは「舞台監督」と称し、俳優を演じさせて観客の拍手喝采(利益)を得るのが目標という。

2011年1月24日 20:14

つづきを読む

 何事にも危機管理の重要さが問われる。平穏無事でありたいと願うが、その通りに動かないのが現実。いつ、何が、どのように惹起するか分からない。それに備えて、あらかじめ対応策を考えておくのが危機管理だ。事が起きてから対策を練っていては時機を逸する。最良策もタイミングをはずせば最悪になりかねない。

2011年1月21日 15:18

つづきを読む

1