COLUMN COLLECTION | 連載コラム

射界 政治や経済、文化、歴史など、幅広い分野から現代社会に一石を投じる。様々な問題が生じる現代をどう生きるべきか、鋭い観点から示唆・提言します。

 芸能やスポーツの世界だけに限らず、プロとアマチュアとの区別は厳然としている。学校を出て会社に就職する。一定の仕事をこなして一定の報酬を受け取る。この道で立派に稼ぐことを覚悟する。これで一応、プロの仲間入りを果たしたことになる。この初心、いま働く人々がどの程度に持ち続けているかが聞きたい。

2011年8月26日 11:51

つづきを読む

 人間は様々な欲求を持ちながら生きている。おいしいものを食べたい、ゆっくりと睡眠をとりたい、きれいな空気を吸いたいと。平和で満ち足りた環境にあれば、程度の差はあっても、ほとんどの人は欲求を満たすことができるだろう。心身ともに健康で成熟した社会にあって人はなお、他と比べて優越的地位にありたいと望む。

2011年8月19日 17:16

つづきを読む

 人間というのは、まことに勝手なもの。自分の欠点は見えない、あるいは見ようとしないくせに、他人のこととなると、やたら目につくものだ。昔の教えとして「人のふり見て我がふり直せ」とあるが、自らを謙虚に振り返ってみると、改めて言葉の持つ重みを実感する。人間は、他人に対しては殊更、厳しく批判する傾向が強い。

2011年8月 5日 11:54

つづきを読む

1