COLUMN COLLECTION | 連載コラム

射界 政治や経済、文化、歴史など、幅広い分野から現代社会に一石を投じる。様々な問題が生じる現代をどう生きるべきか、鋭い観点から示唆・提言します。

 このところ、官界の不手際や不正、企業の不祥事や商品事故などで、関係者やトップがテレビで謝罪するシーンを多く見る。各人各様、頭の下げ方も色々だが、謝罪の意を表現するのに、頭を下げた時間の長短で測るような情景すら見られる。人が謝罪で頭を下げるのは「屈服」を意味するので、できれば避けたいのだろう。

2011年11月25日 11:40

つづきを読む

 「口耳講説」と言う言葉がある。「こうじこうせつ」と読むが、その意は、口と耳は、わずか10㌢しか離れていないことから、「聞いたことをろくに咀嚼(そしゃく)することなく、さも物知り顔で吹聴する」ということである。聞いて学ぶことは自分の見識を広げるに大事なことだが、それだけでは足りない部分が多い。

2011年11月18日 10:31

つづきを読む

 職業によって仕事をする時間帯はまちまちである。朝の早い人もあれば夜遅くまで就業する人もいる。それぞれの仕事の性質からやむを得ないところだ。そして仕事を続けている限り、ある程度の疲労感は避けられない。しかし、普通の状態であれば、一晩眠れば大抵は体力を回復して、明日からの仕事への意欲も戻る。

2011年11月11日 13:00

つづきを読む

 「聞くは一時(いっとき)の恥、聞かぬは一生の恥」と昔から教えられてきた。知らないものを人に聞くのは、その場で恥ずかしい思いをするだけだが、聞かずに知らないまま過ごすのは、一生恥ずかしい思いをしなければならない。とにかく、知らないことは恥ずかしがらずに聞きなさい。決して恥ではないのだ。

2011年11月 4日 13:54

つづきを読む

1