COLUMN COLLECTION | 連載コラム

射界 政治や経済、文化、歴史など、幅広い分野から現代社会に一石を投じる。様々な問題が生じる現代をどう生きるべきか、鋭い観点から示唆・提言します。

 どんなに素晴らしい考え方を持っていても、それを口にしたり、文章で示さなければ、何も持っていないと同様だ。たとえ口に出したり、文章にしても、説得力のある表現が伴わなければ、やはり相手は納得しないだろう。かえって、論理性に欠け、何を言いたいのか分からないと投げ返されて、再考と再提出を求められる。

2011年12月22日 09:14

つづきを読む

 知能の程度は高いのに、それにふさわしい成果が上げられない人、知能は普通なのに、どんどん仕事をこなして成功している人など、人間社会をつぶさに観察すると色んなタイプの人がいる。知識を実践の場で、どのように生かすかによって、その差は出てくるようだ。創造力の違いといってもよいかも知れない。

2011年12月16日 12:00

つづきを読む

 人間は不思議な動物である。自らの思惟(しい=思い)によって、自分を変化させることが可能だからだ。暗くて寂しい感じがする夜道を「怖い、怖い」と思い続けて歩いていると、次第に恐怖感は増幅されて肌が泡立つ思いになる。「怖くない、怖くないぞ」と心で繰り返して胸を張って歩けば、少しも怖くなくなってしまう。

2011年12月 9日 13:55

つづきを読む

 人の上に立つ者は常に孤独である。誰にも頼れない。自分を守ってくれるのは自分だけである。だからまず、なによりも自分自身をよく知り、強い自分をつくることが大切だ。そのための強靱な精神力を鍛えるには、目的に向かって何がなんでもやらなければならないという、不退転の決意を持つこと。これが人間を強くする。

2011年12月 2日 11:10

つづきを読む

1