COLUMN COLLECTION | 連載コラム

射界 政治や経済、文化、歴史など、幅広い分野から現代社会に一石を投じる。様々な問題が生じる現代をどう生きるべきか、鋭い観点から示唆・提言します。

 人の心は顔に現れるという。「40歳を過ぎた人間は、自分の顔に責任を持たねばならない」と言ったのは、アメリカの第16代大統領リンカーンだが、そこまで年齢を重ねなくても若い頃から、年齢相応の心構えと能力を秘めた人は、何となく顔に現れる。人間として卑しい心の人は雰囲気や所作に品格がない。

2012年5月25日 14:47

つづきを読む

 人は独りでは生きられない。何かを計画し企画することは独りでも出来るというが、そこに至るまでの知識や経験は独りで学んだものではない。多くの人から教育や指導を受けて形成されている。仕事は特にそうだ。多くの人の協力を得て進められる。協力の程度によって成果は大きく変わるといっても過言ではない。

2012年5月18日 10:03

つづきを読む

 自らの言動に自信が持てない者は、仕事に積極性を期待することは無理だ。たまに手を出すが、なぜか失敗した場合を考えてか、すぐに具体化させない。決断力に欠けるからだ。しかし、いつも「いい子」ぶって傍観しているわけにはいかず、不本意ながらも手を出すが、積極性に欠けるため期待されるような成果はない。

2012年5月11日 11:12

つづきを読む

1