COLUMN COLLECTION | 連載コラム

射界 政治や経済、文化、歴史など、幅広い分野から現代社会に一石を投じる。様々な問題が生じる現代をどう生きるべきか、鋭い観点から示唆・提言します。

 年の瀬である。1年で一番忙しいシーズンのはずだが、どこか落ち着きのない空虚さが漂う。企業の多くは景気の上昇を期待し、総選挙後の新政権に一縷の望みをつなぐが結果はどうなるか。古来から日本人は、季節ごとに節目を見いだして生きてきたが、今年も1年を締めくくる節目を目前に楽しみでもあり不安でもある。

2012年12月26日 11:27

つづきを読む

 「好奇心」は誰にでもある。その対象となる事物や強弱の程度は人によって異なるが、好奇心を単純に「やじ馬根性」と決めつけるのは浅薄すぎる。これは、れっきとした人間の知的な精神活動であり、育てられた生活環境のなかから生まれるとも言うし、精神医学者の一部では遺伝的要素もあると指摘している。

2012年12月14日 10:34

つづきを読む

 初対面の人と接するとき、知らないうちに自分自身の狭い視野で相手をみて判断・評価しがちになる。自分の周囲に集まってくる人々を皆、「よい人」「優れた人」と考えたくなる傾向に陥りやすいが、だからといって、初めは良い点ばかりを期待して、その人の欠点には目をつむりたくなるもの。そして「よい人」と判断して接することになる。

2012年12月 7日 11:03

つづきを読む

1