COLUMN COLLECTION | 連載コラム

射界 政治や経済、文化、歴史など、幅広い分野から現代社会に一石を投じる。様々な問題が生じる現代をどう生きるべきか、鋭い観点から示唆・提言します。

 「私の文章はサルが読んでも分かる」と、平易な文章を常に心掛けたのは福沢諭吉。確かに『学問のすゝめ』や『福翁自伝』を読めば、「なるほど」と納得がいくだろう。この平易な文章づくりはビジネスにも求められる。大量の情報が飛び交う中で、ビジネスは多忙を極める。誰もが時間の有効活用を求めている。

2013年5月31日 11:00

つづきを読む

 運輸業界の人なら誰もが知っている「ハインリッヒの法則」がある。一つの重大事故の背後には、29の軽微な事故があり、その背後には、300の異状がある...と伝えている。従って、軽微な事故と侮って油断していると重大事故をもたらす...と、安全確保には慎重な対応が常日頃から大事だと警告している。

2013年5月24日 10:44

つづきを読む

 仕事を成功させるにはタイミングが大切だ。タイミングがずれることで、価値が半減どころか全減するかも知れない。それにはまず、約束時間を守ること。仕事を依頼した人は一刻も早い提出を望んでいるかも知れない。それなのに待てど暮らせど届かないでは困るだろう。まだであれば中間報告という手もあるはずだ。

2013年5月17日 11:01

つづきを読む

 「わが身をつねって人の痛さを知れ」と親から教えられた。相手の立場に立ってモノを考えることの大切さを説いている。気持ちでは分かっていても相手の非をなじるとき、つい感情的になって暴言を吐く。本当は暴言を浴びる相手の気持ちを慮って言葉を選ぶべきだが、感情が高ぶっていると、そんな配慮すら見失っている。

2013年5月10日 11:11

つづきを読む

1