COLUMN COLLECTION | 連載コラム

射界 政治や経済、文化、歴史など、幅広い分野から現代社会に一石を投じる。様々な問題が生じる現代をどう生きるべきか、鋭い観点から示唆・提言します。

 人里離れた山奥や絶海の孤島で生活するのであれば別だが、多くの人に囲まれて生活する現実では、自分のことだけを考えて生活しようとすれば必ず無理が生じる。自分勝手な振る舞いは他の人を制約することになるからだ。同時に、そんな態度では周囲の人々の顰蹙(ひんしゅく)や反感を買い自らも不愉快になる。

2013年8月30日 11:23

つづきを読む

 世間は疎ましい。周囲に比べて少しだけ優れているものがあると、なぜか妬まれ憎まれることがある。今の世の中、多少なりとも競争社会である限り、個性を尊重して特色を発揮するため、そうした能力を持った人が重用されることは当然だが一部の人の妬みを誘うことがある。古くから「出る杭は打たれる」という通りだ。

2013年8月23日 11:18

つづきを読む

 「縁の下の力持ち」という言葉がある。人の見えないところでムダな骨折りをするとの意だが、ここから転じて現在、表面に立つ人の陰に隠れて能力や業績がありながら、なかなか世の中に認められない人...の譬(たと)えに使われている。名声を求めず、ひたすら人さまのために働くという生き方が、日本人の共感を呼ぶようだ。

2013年8月 9日 11:10

つづきを読む

1