COLUMN COLLECTION | 連載コラム

射界 政治や経済、文化、歴史など、幅広い分野から現代社会に一石を投じる。様々な問題が生じる現代をどう生きるべきか、鋭い観点から示唆・提言します。

 「企業は人なり」という。企業規模が小さければ小さいほど、この言葉を実感したいと願っている。小規模ゆえに意思疎通がスムーズとなり、会社理念を一人ひとりが正しく認識し、実直さと前向き姿勢、チャレンジ精神を発揮してくれると期待する。早晩、この人たちが企業規模を拡大させる原動力となって活躍する。

2014年7月31日 15:18

つづきを読む

 人間社会は人間がつくっている。だから、そこから生まれる諸々の出来事は、人間の知恵で解決できないものはない。どのような難しいことでも、いつか解明の光が見いだされる。煩悶し続ける事態が生じたとしても活路は必ずあり、一人で考えてダメなら二人で考えればよい。それでもダメなら時に任せることだ。

2014年7月25日 11:28

つづきを読む

 組織で働く人が部下を持つポストに就くと、それまでと同じ仕事でありながら、なぜか見違えるほどの力量を発揮する例が見受けられる。本来の仕事はもちろんだが、部下たちをうまく使いこなすコミュニケーション力が大きく作用しているからである。これが作用して仕事に対する自覚が深まり、業績アップに繋がる。

2014年7月17日 15:42

つづきを読む

 イワシは鰯と書く通り、弱い魚だ。生きたままの輸送が困難とされ、鮮魚ブームの中でも活イワシが大都市の消費者に提供されることは非常に難しかった。それを可能にした輸送方法が出現し、活イワシ専門の店ができたともいう。活イワシを輸送する水槽に一匹のカマスを紛れ込ますことで可能となったから不思議だ。

2014年7月11日 11:52

つづきを読む

 偉大な発明王として、今なお語り継がれている人と言えば、アメリカのトーマス・エジソンだ。天才ぶりを問われて答えた彼の言葉として、「天才とは、1%の霊感と99%の汗である」が伝えられている。確かに優れた閃きがあって、それに基づいて集中的に実験を繰り返した結果が数々の発明に結びついたと言われる。

2014年7月 4日 11:52

つづきを読む

1