COLUMN COLLECTION | 連載コラム

射界 政治や経済、文化、歴史など、幅広い分野から現代社会に一石を投じる。様々な問題が生じる現代をどう生きるべきか、鋭い観点から示唆・提言します。

 ある時期、「コミットメント」という語句の翻訳を巡って、日米間で論議が沸騰したことがある。日本側は単純に「約束する」と解釈し、米国側は「何が何でも実現する」と必達目標との意味だと主張して一つの語句を巡って外交問題になった。この論争から学ぶべきことは何か。「できない約束はするな」という鉄則だ。

2014年9月26日 15:47

つづきを読む

 「メラビアンの法則」というのがある。アメリカの心理学者アルバート・メラビアンが提唱したもので、話し手の印象を決めるのは視覚情報からが55%、聴覚情報38%、言語からの情報が7%...と分析する内容だ。話す相手を判断する際、言語による判断はわずか7%で、大半は「見た目」で決まるというから驚きだ。

2014年9月19日 11:48

つづきを読む

 経済学者のピーター・ドラッカーの本に『無人の山中』という寓話が載っている。誰もいない奥深い森林で轟音と共に大木が倒れた。さて、その轟音、人の耳に聞こえたか...という内容である。答えは「聞こえない」だ。なぜなら「聞く人が存在しない」から。どんな大きな音でも聞く相手がいないと聞こえないのは当然。

2014年9月11日 18:02

つづきを読む

 幼い頃、最初に親から躾けられるのは整理整頓だ。絵本やおもちゃを遊んだままに放置すれば、必ず「片づけなさい」と言われた。それも1回でなく繰り返し言われてきた。人間社会で生きていくうえで整理整頓が、いかに大事かを親は教えた。それがどうだろう。社会の一員になると、その重要性をすっかり忘れている。

2014年9月 5日 11:18

つづきを読む

1