COLUMN COLLECTION | 連載コラム

射界 政治や経済、文化、歴史など、幅広い分野から現代社会に一石を投じる。様々な問題が生じる現代をどう生きるべきか、鋭い観点から示唆・提言します。

 「知ってるかい?」と聞かれて「知らない」と答えるのを恥と思う人がいる。どんな物知りでも知らないことはヤマほどある。「知らない」と言って教えてもらうほうが得だ。「情報をとる=教えてもらう」が習い性となっている立場から、知っていても「知らない」と答えることもある。それは恥ずかしいことではない。

2015年8月28日 14:45

つづきを読む

 陸上競技の種目に5000㍍レースがある。この種目は選手に、かなり過酷な走りを求めるだけに厳しい展開となる。下手をすれば周回遅れとなって独りトラックを走り続けることにもなる。ビリとはいえ完走したい気持ちだけで懸命に走る姿は痛々しい。だがスタンドの観客はゴールとともに惜しみなく拍手をおくる。

2015年8月18日 16:17

つづきを読む

 言葉遣いは大切だ。何気ない発言から責任を問われて議席を失った政治家や、企業不祥事を謝罪する席で「知らなかった」と弁解して退陣に追い込まれた経営者もいる。深く考えずに発言した内容が独り歩きして悪く受け止められ、それが批判の的になって厳しいブーイングの渦中に沈む。幾度となく見てきた風景だ。

   

2015年8月 7日 14:54

つづきを読む

1