COLUMN COLLECTION | 連載コラム

射界 政治や経済、文化、歴史など、幅広い分野から現代社会に一石を投じる。様々な問題が生じる現代をどう生きるべきか、鋭い観点から示唆・提言します。

 疲れていると、早く疲れを取りたいと願い、それには睡眠をとるのが最適と考えてベッドに入る。しかし、なかなか眠れない。何とか寝ようとするが、逆に目が冴えて眠れなくなる。そんな翌日は朝からぼんやりして、仕事にも遊びにも興味が沸かず一日が無為に終わる。こんな眠れない経験をした人も少なくないだろう。

2015年9月24日 09:02

つづきを読む

 人はどんな時に幸せと感じ、何をもって幸福というかは、恐らく個人個人によってそれぞれ違うだろう。しかし、どんな幸福であろうと、自分は「いま充実して生きている」という実感がなければならない。空腹になれば腹いっぱいに食べて食欲を満たし、危険に遭えば巧みに逃れてホッとする...そんな瞬間であろう。

2015年9月18日 15:09

つづきを読む

 二宮金次郎(尊徳)の名は誰もが知っている。薪を背負って、歩きながら勉強する像を一度はどこかで目にしている。彼の教えによれば、貧とか富とかは偶然のものではない。富める人には富を得る原因があり、貧しい者は貧しくなる理由がある、と言う。富はよく働く者に集まり、決して偶然に集まるものではないと諭しているのだ。

2015年9月11日 15:16

つづきを読む

 イソップ物語に有名な「北風と太陽」の話がある。旅人のコートを脱がせようと北風と太陽が争い、北風は「これでもか」と力いっぱいに寒風を吹きつきるが、旅人は必死になってコートを押さえ込む。これに対して太陽は暖かい陽光を注ぎ続ける。歩み続ける旅人は汗ばんできて、とうとうコートを進んでぬいでしまった。

2015年9月 4日 15:18

つづきを読む

1