COLUMN COLLECTION | 連載コラム

射界 政治や経済、文化、歴史など、幅広い分野から現代社会に一石を投じる。様々な問題が生じる現代をどう生きるべきか、鋭い観点から示唆・提言します。

 どんな仕事でも初めて手掛ける際、不安感が頭をよぎる。いざ実際にやってみると心配するほどのこともなく、意外にやりやすかったと感じる。「案ずるより産むがやすし」の心境で安堵するが、不安が大きければ大きいほど、出来上がったときの達成感は大きく自信もつく。それを繰り返しながら人は成長していくのだ。

2015年12月25日 09:56

つづきを読む

 「バカ丁寧」という言葉がある。職人や芸術家の世界では通用するかも知れないが、一般のビジネスでは必ずしも褒められるとは限らない。「バカ丁寧」は往々にして完璧主義にもつながる。仕事の結果に完璧を期するのは是としても、それに「バカ」が付くほど徹底することで付加価値が損なわれるリスクさえある。

2015年12月17日 16:20

つづきを読む

 世紀の盗賊、石川五右衛門の科白を拝借すれば、「浜の真砂は尽きるとも、この世のウソは尽きまじ」と言える。政治家による政治資金の不正流用や公務員の収賄事件、建設業者が関わる杭打ちデータの改ざん、高齢者を対象に多額の現金を騙し取る特殊詐欺事件の数々と、いつの世もウソが絡む悪業は絶えることがない。

2015年12月10日 14:17

つづきを読む

1