COLUMN COLLECTION | 連載コラム

射界 政治や経済、文化、歴史など、幅広い分野から現代社会に一石を投じる。様々な問題が生じる現代をどう生きるべきか、鋭い観点から示唆・提言します。

 世間で広く使われている言葉に「三十六計、逃げるにしかず」とか「君子、危うきに近寄らず」がある。いずれも思慮深い人は「危険がある」と分かれば、用心して危険に遭わないような対策をする...などの意味で使われている。中国・南北朝時代に活躍した武将・檀道済の戦いぶりを評して生まれた格言として伝えられる。

2017年11月 3日 12:16

つづきを読む

1