COLUMN COLLECTION | 連載コラム

八起会 倒産110番

八起会 会長 株式会社ノグチプランニング 代表取締役 野口誠一氏が
再起・整理などの実務的なアドバイスや経験談を交えた人生相談を紹介します。

弁護士や税理士、再起に成功した会員らが無料で電話相談に乗る「倒産110番」を開設し、 再起・整理などの実務的なアドバイスや経験談を交えた人生相談を奉仕しています。
八起会 会長 株式会社ノグチプランニング 代表取締役
野口誠一氏

第139回:再起の群像 失敗した夜逃げ

 Nさんは累が及ばないように母親を親戚に預け、奥さんとは離婚の形をとり、3人の子供とともに実家へ返した。そして夜行列車にとび乗った。最悪の選択である。

2007年7月26日 14:54

つづきを読む

第138回:再起の群像 公害が倒産に拍車

 本来なら潰れていてもおかしくない会社が、なぜ生き残っているのか。そのNさんの疑問はやがて氷解した。秘密は融通手形と三重帳簿にあった。父親は仲間や業者と融通手形を切り合っては、その場を凌いで金融機関用と仕入れ専用、そして本物の3つの帳簿をつくって経営実態を粉飾し、融資と信用をつなぎ止めていたのである。

2007年7月19日 14:53

つづきを読む

第137回:再起の群像 夜逃げは世逃げ

 私は常々、「夜逃げは世逃げである」と言っている。夜逃げして八起会を頼ってくる経営者もいるが、私は彼らに「戻る」ことを勧めている。戻って債権者に頭を下げ、法的整理をもって解決をはかれば、少なくともゼロからの再出発は可能だからである。それを逃げたままでは、いつまでも債務は消えないし、ヘタをすれば一生逃げ続けなければならない。それではゼロどころか、マイナスの人生であろう。

2007年7月12日 14:51

つづきを読む

第136回:再起の群像 果たされた再起

 倒産後のKさんの反省と行動は「本物」と言っていい。どんなに深く反省しようと、それが「自分を変える」べく次なる行動に結びつかなければ、しょせん、それは反省のための反省にすぎない。自分を変えずに状況を変えようというのは、どだい虫のいい話。まずは自分を変えること、それが真の反省というものであろう。

2007年7月 5日 14:50

つづきを読む

1