COLUMN COLLECTION | 連載コラム

八起会 倒産110番

八起会 会長 株式会社ノグチプランニング 代表取締役 野口誠一氏が
再起・整理などの実務的なアドバイスや経験談を交えた人生相談を紹介します。

弁護士や税理士、再起に成功した会員らが無料で電話相談に乗る「倒産110番」を開設し、 再起・整理などの実務的なアドバイスや経験談を交えた人生相談を奉仕しています。
八起会 会長 株式会社ノグチプランニング 代表取締役
野口誠一氏

第171回:開発事業で資産激減

 平成4年、Sさんは長年務めた中堅不動産会社の役員を辞し、自前の不動産会社を立ち上げた。52歳のときである。すべり出しは上々で、2年目に社員40人、3年目に70人、支店も2か所開設し、急成長を遂げていく。

2008年5月30日 15:49

つづきを読む

第170回:NHK取材に躊躇

 平成16年、NHK教育テレビの「ETV特集」で、1時間半にわたって「生きてこそ人生幸あり」という番組が放送された。内容は「経営破綻、絶望、自殺未遂...生と死の淵をさまよった男たちの物語」「自殺を思いとどまらせた一言」「孤独・不安からの心の再起」という3部構成で、八起会会員3人の人生行路をたどりながら、「家族愛」を語るものだった。

2008年5月23日 15:47

つづきを読む

第169回:「人儲け」の実力発揮

 Kさんが弁護士を頼ったのは夜逃げから3か月後のことである。「すぐに破産手続きだ」と言われたが、一文なしでは「すぐに」ともいかない。

2008年5月16日 15:44

つづきを読む

第168回:大手の攻勢で倒産

 A電気は系列販売店から、ひそかにKさんのノウハウを聞き出し、そっくり同じデータベースをつくり上げた。いわばコピーも同然である。

2008年5月 9日 15:39

つづきを読む

第167回:ニュービジネスの成功

 昭和54年、Kさんはついに念願のコンピューター情報処理会社「エス・アイ・エス」(東京)を立ち上げた。SISはセールス・インフォメーション・システムズのイニシャルである。資本金500万円の半分はA電気販売チェーンのY社長に出資を仰いだ。このときKさん、44歳。

2008年5月 2日 15:36

つづきを読む

1