COLUMN COLLECTION | 連載コラム

八起会 倒産110番

八起会 会長 株式会社ノグチプランニング 代表取締役 野口誠一氏が
再起・整理などの実務的なアドバイスや経験談を交えた人生相談を紹介します。

弁護士や税理士、再起に成功した会員らが無料で電話相談に乗る「倒産110番」を開設し、 再起・整理などの実務的なアドバイスや経験談を交えた人生相談を奉仕しています。
八起会 会長 株式会社ノグチプランニング 代表取締役
野口誠一氏

第184回:ライバル出現で売り上げ激減

 Nさんは29歳のとき脱サラし、昭和26年、習志野市内に10坪ほどの書籍・文具店をオープンした。スタート時はわずか月100万円ばかりの売り上げにすぎなかったが、平成3年には年商2億2000万円と、飛躍的に業績を伸ばした。この急成長はひとえにNさんの真面目な性格と、一途な仕事ぶりがもたらした成果であった。

2008年8月29日 15:58

つづきを読む

第183回:経営者に問われる先見力

 会社は潰れるようにできている。それを潰さないように乗り切っていくのが経営手腕である。そこで問われるのが先見力だが、いかにすぐれた経営者といえども、明日のことをすべて見通すことなど不可能である。

2008年8月22日 15:55

つづきを読む

第182回:店員になり3年後、経営者に返り咲き

 倒産を余儀なくされ、一文なしとなったTさんは、その後、懸命に働いた。自分はスーパーの店員として、奥さんもコンビニのレジ係として生活を支えた。はじめの3年間はそれこそ死にもの狂いに働いたと言っていい。

2008年8月15日 15:52

つづきを読む

第181回:倒産で抱く解放感

 Tさんは、ほかの事業へ転進をはかるべく、店舗の売却に動き出した。が、皮肉なことにその噂が立っただけで、一気に信用不安が広がり、金融機関は貸し渋りどころか回収に入り、取引先は態度を一変させた。

2008年8月 8日 15:47

つづきを読む

第180回:大手との生存競争

 最初に現れたライバルは、近くの衣料品中心の大型スーパーである。Tさんの食料品スーパーが繁盛していることに刺激されたか、4階建ての1階部分を、すべて食料品売場に改装してしまったのである。

2008年8月 1日 15:44

つづきを読む

1