COLUMN COLLECTION | 連載コラム

八起会 倒産110番

八起会 会長 株式会社ノグチプランニング 代表取締役 野口誠一氏が
再起・整理などの実務的なアドバイスや経験談を交えた人生相談を紹介します。

弁護士や税理士、再起に成功した会員らが無料で電話相談に乗る「倒産110番」を開設し、 再起・整理などの実務的なアドバイスや経験談を交えた人生相談を奉仕しています。
八起会 会長 株式会社ノグチプランニング 代表取締役
野口誠一氏

第209回:Dブランドの成功

 アイデアとセールスに絶対の自信を持ってスタートしたDさんは、最初からメーカーを目指した。文具・事務用品に関する限り、メーカーでないと妙味がないからである。メーカーは自由にプライス設定ができるし、それがオリジナルであればあるほど、その自由度は広がる。そこが魅力と言っていい。

2009年2月27日 15:41

つづきを読む

第208回:やり手の落とし穴

 私は常々「忙しすぎる社長は危ない」と言っている。技術が好きだから、販売が好きだからといって、社長がいつも工場や現場で忙しくしていては、経営のバランスを欠く。それは一見、社長が率先して働いているように見えながら、その実、自分の趣味に没頭しているにすぎない。それでは経営が片寄る。

2009年2月20日 15:39

つづきを読む

第207回:宅配会社の設立

 Sさんは懸命に働き、家族に仕送りをしながら半年が過ぎた。が、常に自分の生活のためにも、家族への仕送りのためにも、より多くの収入を得たいという気持ちに変わりはなかった。そんなある日、新聞でホテル支配人の募集広告を見つけた。給料は30万円である。彼は1も2もなくとびついた。が、そこはビジネスホテル兼ラブホテルで、支配人とは名ばかりで従業員は彼1人にすぎなかった。

2009年2月13日 15:38

つづきを読む

第206回:家族への思い

 わずか300万円の資金繰りがつかず、Sさんはついに1度目の不渡りを出した。2度目も必ずやってくる。その前に彼は腹をくくった。すべての負債を洗い出し、家族に事情を打ち明け、債権者リストと負債額の一覧表、それに社員の給料を会社に残し、2度目の不渡りが出る前日、夜逃げした。

2009年2月 6日 15:36

つづきを読む

1