COLUMN COLLECTION | 連載コラム

八起会 倒産110番

八起会 会長 株式会社ノグチプランニング 代表取締役 野口誠一氏が
再起・整理などの実務的なアドバイスや経験談を交えた人生相談を紹介します。

弁護士や税理士、再起に成功した会員らが無料で電話相談に乗る「倒産110番」を開設し、 再起・整理などの実務的なアドバイスや経験談を交えた人生相談を奉仕しています。
八起会 会長 株式会社ノグチプランニング 代表取締役
野口誠一氏

第213回:社長採点の手紙

 八起会に「倒産の原因ワーストテン」がある。これは会員(500人)に「あなたはなぜ倒産したと思いますか」というアンケート調査を行い、その結果を分析したものである。私はこの「ワーストテン」を著述や講演などで常に紹介し、中小企業の経営者に「自己採点」を呼びかけている。というのも、この「ワーストテン」は将来の倒産の有無を占う絶好のリトマス試験紙であり、経営者には常にそのリトマス試験紙で「自分の位置」を確認しておいてもらいたいからである。

2009年3月27日 15:48

つづきを読む

第212回:社長をつくる

 ご多分にもれず倒産後、Dさんも無為と無気力、孤独と絶望に苦しめられた。八起会を訪ねてきたのは、そんなときである。彼はすぐに入会し、それからというものは1度の欠席もなく、八起会の例会や勉強会に出席し続けた。再起道場の優等生と言っていい。

2009年3月20日 15:46

つづきを読む

第211回:2つの追い打ち

 抜群の企画力(アイデア)と、営業力(セールス)で急成長を遂げたDさんだったが、その急成長のひずみも免れなかった。結局、組織管理が急成長に追いついていけなかったのである。そのことが倒産につながる内部要因になったことは否めないが、そこに外部要因が追い打ちをかけたことも、倒産を早めて決定づけたといっていい。

2009年3月13日 15:44

つづきを読む

第210回:管理怠慢のひずみ

 Dさんの絶好調は続く。それもそのはず、すっかり有力ブランドとなったDさんのホルダー、ファイル、キャリーバッグは飛ぶように売れ、丸善との間にOEM(相手先ブランド製品)契約を結ぶなど、大型取引が相次いだのだから。

2009年3月 6日 15:43

つづきを読む

1