COLUMN COLLECTION | 連載コラム

八起会 倒産110番

八起会 会長 株式会社ノグチプランニング 代表取締役 野口誠一氏が
再起・整理などの実務的なアドバイスや経験談を交えた人生相談を紹介します。

弁護士や税理士、再起に成功した会員らが無料で電話相談に乗る「倒産110番」を開設し、 再起・整理などの実務的なアドバイスや経験談を交えた人生相談を奉仕しています。
八起会 会長 株式会社ノグチプランニング 代表取締役
野口誠一氏

第230回:崩れた経営バランス

 絶好調の波に乗ったWさんは昭和58年、一流企業が集まる工業団地へ工場を移設した。300坪の土地に50坪の工場を建て、毎年20坪ずつ増築していく。社員も20人に増え、年商は5億円に達していた。創業以来わずか5年で、この快挙である。

2009年7月24日 17:04

つづきを読む

第229回:調味料の製造販売で独立

 一芸に秀でていれば、大抵はその道その道で成功する。が、経営だけはそうもいかない。営業手腕が抜群でも計数管理が苦手だったり、技術力・開発力にすぐれていても社員教育が苦手だったりでは、経営者失格と言っていい。経営は何をおいても総合力であり、バランスである。俗に経営センスというのも、そのことにほかならない。

2009年7月16日 17:03

つづきを読む

第228回:苦しみからの脱却

 平成3年、Fさんは27年に及んだ経営に終止符を打った。会社整理はうまくいったが、さっそくにも生活費を稼がねばならない。すでに55歳になっていたが、幸い声をかけてくれる友人がいて、その会社に勤めることになった。が、それがどうにもならない。

2009年7月10日 17:02

つづきを読む

第227回:決意した会社整理

 平成3年、Fさんは会社整理を決意した。赤字がかさみ、借金だけが増えていくなかで、これ以上は無理と判断してのことである。その時点で、Fさんの負債は4億円ほどに達していた。

2009年7月 3日 17:00

つづきを読む

1