COLUMN COLLECTION | 連載コラム

八起会 倒産110番

八起会 会長 株式会社ノグチプランニング 代表取締役 野口誠一氏が
再起・整理などの実務的なアドバイスや経験談を交えた人生相談を紹介します。

弁護士や税理士、再起に成功した会員らが無料で電話相談に乗る「倒産110番」を開設し、 再起・整理などの実務的なアドバイスや経験談を交えた人生相談を奉仕しています。
八起会 会長 株式会社ノグチプランニング 代表取締役
野口誠一氏

第234回:業績上がらず自転車操業

 Nさんの会社は元々、それほど利益が上がるような仕組みにはなっていなかった。官庁相手の取引は非常に利が薄く、利益率は1割以下にすぎなかった。しかも、やっかいなのが盆暮れの付け届けである。

2009年8月28日 17:10

つづきを読む

第233回:甘かった現状把握

 地方の企業や中小企業を中心に、また倒産がふえてきた。倒産は経済的損失だけにとどまらない。中小企業の場合、あらゆる悲惨の引き金ともなりやすく、ときには自殺や一家心中など、社会問題にもつながっていく。

2009年8月21日 17:08

つづきを読む

第232回:弱点克服し再始動

 倒産後、子どものいないWさんは奥さんと2人、東京へ出て八起会の会員になった。彼は2度目の不渡りを出したその日に、再起を誓ったという。大抵の倒産者は打ちのめされ、しばらくは生きる意欲さえ持てないものだが、彼は違った。

2009年8月 7日 17:07

つづきを読む

第231回:乱れ飛ぶ融通手形

 Wさんは売り上げ至上主義によって急成長を遂げ、それによって倒産を余儀なくされたと言っていい。売り上げを伸ばすためにはその地域の2番手、3番手の問屋とも取引しなければならない。そういう問屋が7軒もあり、彼の売り上げの約60%を占めていた。

2009年8月 3日 17:06

つづきを読む

1