COLUMN COLLECTION | 連載コラム

八起会 倒産110番

八起会 会長 株式会社ノグチプランニング 代表取締役 野口誠一氏が
再起・整理などの実務的なアドバイスや経験談を交えた人生相談を紹介します。

弁護士や税理士、再起に成功した会員らが無料で電話相談に乗る「倒産110番」を開設し、 再起・整理などの実務的なアドバイスや経験談を交えた人生相談を奉仕しています。
八起会 会長 株式会社ノグチプランニング 代表取締役
野口誠一氏

第273回:ネオン街に入り浸り

 八起会創立三十周年記念セミナーで、女性陣のトップバッターとして体験発表してくれたのは、N夫人である。夫人はN氏とともに倒産地獄、自殺未遂という修羅場をくぐり抜けてきた経験を持つ。以下はその体験発表である。

2010年6月25日 15:13

つづきを読む

第272回:経営を戒める「5か条」

 倒産を経験して、私の経営理念はすっかり変わりました。目下、経営は順調ですが、それでも息子たちに、いつも言っている5か条があります。

2010年6月18日 11:51

つづきを読む

第271回:妻と息子の支えに感謝

 私は北海道へ帰り、弁護士にお願いして裁判所に和議を申請することにしました。そして債権者の方々に頭を下げる毎日が続きました。債権者のなかには「応援するから頑張れ」と励まして下さる方もいて、そのときほど人の心のやさしさを感じたことはありません。

2010年6月11日 10:00

つづきを読む

第270回:人生に失敗していない

 「いますぐに北海道へ帰って、債権者のみなさんに頭を下げ、再建をお願いしなさい」それが野口会長の結論でした。しかし、私は大いに不満でした。やっとの思いで夜逃げしてきたのに、いまさら帰るなんて到底できません。会長は都会に住んでいるから、すぐに帰ったほうがいいと簡単に言うが、田舎には都会の人などにわからない複雑な事情もあるのです。

2010年6月 7日 09:58

つづきを読む

第269回:倒産必至に追い込まれ

 経営の悪化につれて、当然ながら銀行の対応も変わって参ります。平成6年10月、ついに取引銀行に引き揚げられ、会社の資金繰りは行き詰まってしまいました。まだ不渡りは出していませんでしたが、資金調達にメドが立たないままでは、1か月後の手形は確実に不渡りとなってしまいます。バブル崩壊という環境の変化に対応できなかった私の責任ですが、倒産必至の状況に追い込まれてしまいました。

2010年6月 4日 09:56

つづきを読む

1