COLUMN COLLECTION | 連載コラム

八起会 倒産110番

八起会 会長 株式会社ノグチプランニング 代表取締役 野口誠一氏が
再起・整理などの実務的なアドバイスや経験談を交えた人生相談を紹介します。

弁護士や税理士、再起に成功した会員らが無料で電話相談に乗る「倒産110番」を開設し、 再起・整理などの実務的なアドバイスや経験談を交えた人生相談を奉仕しています。
八起会 会長 株式会社ノグチプランニング 代表取締役
野口誠一氏

第291回:がむしゃらに職を求め

 私は母の声に救われ、娘の言葉に励まされ、ようやく「こんなことで死んでたまるか。どんなことがあっても家族を護る。死んだ気になって働く。そしてもう1度ピアノを買う」とハラをくくりました。それからは2度と死のうなどと思ったことはありません。

2010年10月22日 12:46

つづきを読む

第290回:遠くから呼ぶ声は...

 自宅を取られようとピアノを取られようと、それは私が失敗したことが原因ですから、やむを得ないとは思いますが、やはり辛かったですねえ。

2010年10月15日 11:27

つづきを読む

第289回:財産の全てが消滅

 八起会創立30周年記念セミナーでもう1人、倒産から見事に再起した経営者にスピーチしていただいた。有明工業の梅崎猛彦さんである。「私はこうして再生した」という内容で、以下はその生の声である。

2010年10月 8日 11:43

つづきを読む

第288回:新米の届け物に涙

 自己破産を余儀なくされた家庭の生活はみじめなものです。私たち一家は、まさにそのみじめのなかにありました。そんなある日、野口会長から宅配便が届きました。中身は新米でした。ちょうど主人の失業保険が切れ、蓄えもなく苦しんでいたときでしたので、主人も私も涙、涙で言葉になりませんでした。そのときのお米のありがたさは、一生忘れられません。

2010年10月 6日 15:36

つづきを読む

第287回:再起術との出会い

 その後、少しでも苦しい家計の足しになればと、私も二十数年ぶりに元の職場へ復帰しました。しかし、悪いときには悪いことが重なるものです。ストレスから「右肺下葉部切除」という大きな手術に至りました。でも、そんな逆境がかえって、家族の絆を強くしてくれたこともたしかです。

2010年10月 1日 11:27

つづきを読む

1