COLUMN COLLECTION | 連載コラム

八起会 倒産110番

八起会 会長 株式会社ノグチプランニング 代表取締役 野口誠一氏が
再起・整理などの実務的なアドバイスや経験談を交えた人生相談を紹介します。

弁護士や税理士、再起に成功した会員らが無料で電話相談に乗る「倒産110番」を開設し、 再起・整理などの実務的なアドバイスや経験談を交えた人生相談を奉仕しています。
八起会 会長 株式会社ノグチプランニング 代表取締役
野口誠一氏

第312回:自覚症状がない「高慢病」


「高慢」という病気は実に厄介である。自覚症状がないから、なお始末が悪い。耳は聞こえているのに、他人の苦言や忠告はいっさい耳に入らないし、目は見えているのに、人の気持ちがまるで見えない。

2011年4月28日 11:55

つづきを読む

第311回:高慢・過信にとりつかれて


 私の放蕩は際限もなくエスカレートしていった。「呑む」「打つ」「買う」に「芸事狂い」と忙しく、いつしかゴルフ場へも通えなくなった。会社へ顔を出すのは遊びの金を調達するときだけだった。そして、「会社にへばりついているような経営者は伸びない...」と勝手な理屈をこね、会社の金を鷲づかみにしてはまた放蕩、その繰り返しだった。

2011年4月22日 11:27

つづきを読む

第310回:放蕩地獄が末期症状に...


 あわれと言うべきか、自業自得と言うべきか、私のはまった放蕩地獄は「呑む」「打つ」「買う」だけにとどまらなかった。最後にもう一つ「恥」を語らなければならない。

それは「芸事狂い」である。

2011年4月15日 11:37

つづきを読む

第309回:「買う」方面でも常軌を逸して


 恥ずかしい話だが、私は「買う」の方面でも人後に落ちなかった。というより、常軌を逸していた。家内が文句を言わないのをいいことに、ほとんど家に寄りつかなかった。その方面の遊びに忙しすぎたため、帰る暇がないのである。

2011年4月 8日 11:56

つづきを読む

第308回:競輪と競馬場に通い詰め


 やがて私は夜の帝王だけでなく、昼の帝王にまで堕落していく。会社の金を鷲づかみにしては真っ昼間から競輪場、競馬場通いである。そのいでたちもン十万円もする大島の着流しに雪駄と、経営者どころかまるで遊び人である。

2011年4月 1日 13:21

つづきを読む

1