COLUMN COLLECTION | 連載コラム

八起会 倒産110番

八起会 会長 株式会社ノグチプランニング 代表取締役 野口誠一氏が
再起・整理などの実務的なアドバイスや経験談を交えた人生相談を紹介します。

弁護士や税理士、再起に成功した会員らが無料で電話相談に乗る「倒産110番」を開設し、 再起・整理などの実務的なアドバイスや経験談を交えた人生相談を奉仕しています。
八起会 会長 株式会社ノグチプランニング 代表取締役
野口誠一氏

第315回:歌を忘れた「カナリア」


 私は昭和31年に創業し、52年に倒産するまで足かけ22年間、社長の座にあった。が、言葉通り「座にあった」にすぎない。経営者らしき真似事をしたのは創業時の5年間と、倒産が眼前にチラつきはじめた最後の2年間ぐらいのものである。残りの正味15年間は恥ずかしながら、これまで述べてきたように、放蕩三昧に明け暮れた生活だった。

2011年5月27日 11:04

つづきを読む

第314回:ニセ名刺で企業秘密を獲得


 窮すれば通ずというが、私の案じた一計はただの悪知恵にすぎなかった。さっそく「日本大学ゴム研究部部長 野口誠一」というニセ名刺をつくり、そこの社長に会いに行った。

2011年5月20日 11:12

つづきを読む

第313回:「長靴工場」に産業スパイ


 私は東京生まれだが、戦時中は千葉県に疎開し、そこで高校を卒業した。さんざん親に反抗したあげく、19歳で家出して東京へ出た。昼間はアルバイトをしながら、日本大学の夜間部へ通った。その頃、日本もようやく敗戦のショックから立ち上がり、復興のエネルギーがふつふつと世に満ちていた。

2011年5月13日 11:22

つづきを読む

1