COLUMN COLLECTION | 連載コラム

八起会 倒産110番

八起会 会長 株式会社ノグチプランニング 代表取締役 野口誠一氏が
再起・整理などの実務的なアドバイスや経験談を交えた人生相談を紹介します。

弁護士や税理士、再起に成功した会員らが無料で電話相談に乗る「倒産110番」を開設し、 再起・整理などの実務的なアドバイスや経験談を交えた人生相談を奉仕しています。
八起会 会長 株式会社ノグチプランニング 代表取締役
野口誠一氏

第336回:意乗りから得た経営の神髄


 それは確かに声だった。仏壇の発する声だった。読者は「そんなバカな」と言うかもしれない。私だって信じられなかったのだから。

2011年10月28日 09:01

つづきを読む

第335回:エゴ丸出しの祈りに奇跡


 自業自得、因果応報とはいえ、焼け火箸で搔き回されるような苦しい日々が続く。溺れる者は藁をもつかむ。水面下でもがく者は、ときに突飛な、不可解な行動に出ることがある。私もその一人だった。

2011年10月21日 10:54

つづきを読む

第334回:息子のような若造に怒鳴られ


 ある日、自分の息子のような若い社員に怒鳴られた。87キロ・メタボの私は、どうも動きが鈍く映るらしい。

2011年10月14日 11:02

つづきを読む

第333回:夜の公園であいさつの練習


 一事が万事、私は「行ってきます」も「おはようございます」も、ろくに言えないばかりか、町のDPEをまわっても、お客さんに「こんにちは」「ありがとうございます」がうまく言えない。それに、私は当時もいまも87㌔のメタボである。そのつもりはなくてもふんぞり返っているように見えるし、お辞儀もぎこちない。

2011年10月 7日 09:50

つづきを読む

第332回:鉛のような足をひきずり


 私が新聞の求人欄で見つけて採用された会社は、都内のフィルム現像所だった。仕事の内容は客(町のDPE)から現像所へ、現像所から客へフィルムを運ぶこと。

2011年10月 4日 08:57

つづきを読む

1