COLUMN COLLECTION | 連載コラム

八起会 倒産110番

八起会 会長 株式会社ノグチプランニング 代表取締役 野口誠一氏が
再起・整理などの実務的なアドバイスや経験談を交えた人生相談を紹介します。

弁護士や税理士、再起に成功した会員らが無料で電話相談に乗る「倒産110番」を開設し、 再起・整理などの実務的なアドバイスや経験談を交えた人生相談を奉仕しています。
八起会 会長 株式会社ノグチプランニング 代表取締役
野口誠一氏

第388回:家業を継ぐ決心


 (Aさんがブラジルへ渡って4年目、さらにアメリカへ渡ってひと旗揚げようと決意したところへ、日本から悪い知らせがもたらされた。以下、Aさんの体験発表である)

2012年11月30日 13:08

つづきを読む

第387回:目の回る忙しさ


 (ブラジル行きを決意・決行したAさんのその後はいかに。発表を聴こう)

2012年11月22日 13:11

つづきを読む

第386回:人生の岐路、ブラジルへ


 (Aさんが仕事と学業の両立を目指したのは、次の理由による)

2012年11月15日 13:18

つづきを読む

第385回:「快男児」の足跡


 八起会はボランティア団体だが、2枚看板で活動している。1枚は「倒産110番」を通して経営相談にのること、もう1枚は会員の再起を目指す勉強会である。勉強会は月に1回開くが、この三十余年間、1度も欠かしたことがない。内容は全員で一つのテーマを検討したり、ゲストを招いて講演を聴いたり、ときには会員に体験発表をしてもらっている。失敗例には貴重な教訓が含まれており、それを全員で共有し、2度と失敗しない糧とするためだ。

2012年11月 9日 14:34

つづきを読む

第384回:大いなる反省を


 倒産は得意先、仕入れ先、金融機関など、取引関係からNOを突きつけられたことを意味します。もっと言えば、企業社会から退場命令を受けたことを意味します。その命令は骨身にこたえます。「経営者失格」のレッテルを貼られ、裸同然で世に放り出されるようなものなのです。その悲哀と悔しさはおそらく、倒産を経験した者でないとわからないでしょう。

2012年11月 2日 14:00

つづきを読む

1