中小企業のアパレル業界が使う在庫管理システム

中小企業のアパレル業界が使う在庫管理システム 在庫管理システム
中小企業のアパレル業界が使う在庫管理システム

今回は、中小企業のアパレル業界が使う在庫管理システムについて記事を書いていきたいと思います。アパレル業界は特に様々な販売チャネルを持って運用されている中小企業が多く、在庫管理を出来る限り円滑にすることが業務効率をあげ、利益を確保するということに繋がるのでアパレル業界の方、これからアパレル事業を始めようとしている方に読んでもらいたい記事です。

在庫管理システムなく、運営は不可能

まず、在庫管理システムは絶対に必要になってくる業務システムです。例えば実店舗1店舗のみで運営している限りでは不要ですし、EC事業だとしても1店舗のみであればこちらも必要はないかと思います。しかし近年1店舗だけで販売が成り立つかというと少し難しいかもしれません。よっぽど利益率の良い商品で、顧客もついているのであれば、1店舗運営、従業員も1名などの規模であれば成り立つかと思いますが、多くの事業経営者は少しでも会社を大きく、売上も上げていきたいという展望から、複数店舗の運営を手掛けて、少しでも多くの顧客を獲得するというのが、アパレル業界のほとんどではないでしょうか。 
そうすると、必然として、少しでも商品点数を多く仕入れていく必要があり、同じ商品でもカラー、サイズとさらに小分けに商品管理をしていかなといけません。そうなると、会社や店舗だけのスペースだけで在庫管理するのが難しくなってきます。そうなると外部倉庫を使う必要も出来きますし、入出荷・梱包・検品といった倉庫業も必要になってきます。 
そうなりますと、倉庫の管理、在庫の管理という二つの業務が発生してしまいますので、いよいよシステムを導入し管理して立ち回れなくなってしまいます。

クラウド在庫管理システムで解決

複数店舗の運営が走ってしまいますと、バックヤード業務は大変になりますので、複数店舗をされる前の段階で社内の整備をしないといけません。そのためにはクラウド在庫管理システムを導入することです。在庫管理システムがあれば、複数店舗の在庫数管理、セット商品の作成、倉庫システムWMSとの連携や、ロケーション管理などが可能となります。やはり1日数十件以上の注文をさばいて、数千点以上の商品を入荷したりするとなるとこれくらいの機能は必要になってきます。むしろシステムがないと物理的にこなせない業務レベルになってしまいます。

セット商品の組み立て

商品を多く仕入れられる際、お店側の判断で、AとBのアイテムをセットで販売したい!という場合があると思います。これもアナログで管理だと、それぞれの在庫を1つ減らして、商品番号を登録してという作業になるのですが、少し面倒かと思います。これも在庫管理システムがあれば、セット商品を作ったり、やっぱりやめようということで解体したりすることがとても簡単に出来ます。その分のSKUの管理なども楽になりますので、業務効率のアップになります。

倉庫管理システムとの連携

また、在庫管理システムの中には倉庫システムと連携出来るものもあります。倉庫管理システムはWMSと呼ばれるもので、倉庫の入出荷やロケーション業務などを管理してくれるシステムです。このシステムと連携出来ることによって、倉庫の状況がリアルタイムでわかることになり、在庫数の見える化、倉庫の使用状況なども確認することが可能になりますので、在庫管理システムを選ぶ際は、この連携機能面も見ておく必要があります。

複数店舗(オムニチャネル)はシステム化

在庫管理システムの大きな部分として、複数店舗管理出来る機能が大前提となっています。例えば自社ドメインと、楽天との在庫数連携などです。今でているクラウド在庫管理システムはほぼ出来ますが、連携の仕様、使い方、管理画面の表示などは製品によって異なりますので、アパレル業界に特化している在庫管理システムをおすすめ致します。

クラウドERPでも管理は可能

在庫管理システムだけでは、機能的に物足りない、会社の要件を満たしていない。などのパターンがあります。その際はほとんどがクラウドERPで解決が出来ます。どういった機能かと言いますと、在庫管理機能については、ほぼ同じですが、例えば、倉庫管理システムのWMSのような機能を持っているERPもあります。さらに様々な帳票が出せる販売管理機能なども搭載されていますので、在庫管理機能にとどまらない、会社のバックヤード業務の多くを解決してくれます。

そして、導入費用もそこまでかわりません。もちろん使い方などにもよるのですが、在庫管理で月額3万円程度だとすると、ERPでは5万程度であったりします。ここでの例でいうと、その2万の差で会社の業務システムのほとんどをまかなってくれるERPは大変コスパのよいシステムです。

またクラウドによって、どこからでも、どのデバイスからでもアクセスが可能になりますので利便性もあります。

タイトルとURLをコピーしました